TOPへ戻る 船の案内 料金の案内 店へのアクセス 魚のさばき方 仕立て船
すみいかの釣果 餌木すみいかの釣果 ルアー五目の釣果

彩食鮮魚 自分で釣った魚を
料理するのも楽しいものです.
新鮮な魚を
美味しく食べましょう。
根岸丸の船長ひとおしの
料理を紹介します。

アジの干物の作り方 アナゴの開き方 マダコの湯で方

●自家製アジ干物の作り方
アジサバキ アジサバキ
@腹側に包丁をいれてわた
  を出す。 中骨にそって
  尾身先まで切開く。
Aあごしたより包丁をいれて、
 口先方向に切り裂く。


アジサバキ アジサバキ
B残ったワタを出し、えらを
 かき取る。
C水洗いをして日に半日干す。
 自家製天日干しのでき上がり。
アジ干し風景 アジ天日干しの注意

水洗いの後、濃い目の食塩水
(水:6対塩:1 水温14〜15度)に
まず身側を下にして10分位
次に皮側を下にして10分位
浸してから、冷水洗いをして干す。
天気の良い日で
身を上にして1時間30分位、
皮を上にして30分位干す。
身がべたつかなくなったら完成。
夏場の夜干しは不向きです。


●アナゴの開き方

@まな板にアナゴをのせる。
 目打ちで頭の部分を滑らない
 ように打つ。

*新聞紙を引いておくと後の処理が
 楽です。
A 背開きで行う。
 えら脇から包丁を背骨に当てる。

B 背骨に当たったら、背骨に
 沿って切り開く。

*アナゴ料理
 旬の味を
  1. 白焼き・・・直火でキツネ色に焼く。
  わさび醤油で食べる

 2. てんぷら・・・薄く衣をつけて揚げる。
 骨はから揚げが最適

 3. アナゴ丼・・・タレにつけて焼き、
 熱々ご飯にのせる。
C内臓をきれいに取り除く。
Dえら脇の部分で切断する。
 切り取った後、アナゴを塩もみして
 ヌメリを取り、清水できれいに洗う。

●タコのゆで方


マダコの胴体を裏返して、
 内蔵をすべて取る。

たっぷりの粗塩をふる。
 目安として、1kg程度のタコなら
 一合升位がよい。
 タコをよく塩もみする。



③清水で水洗いする。

 よくぬめりを取ること!

④調理
 1.鍋に湯を沸騰させる。
 2.醤油を大さじ2杯入れる。
 3.沸騰した湯の中にタコを3回
   ほど出し入れして、形を作る。
 4.形を整えた後、湯に入れると
   湯温が下がり、再沸騰して
   から1kg程度なら40秒ぐらい、
   2〜3kgなら50〜60秒が目安。

※ゆですぎないこと! (重要)
 ゆですぎると堅くなるよ


旬の味を
調 理
・タコの刺身
・タコの唐揚げ・天ぷら
・タコをオリーブ油でソティする


戻る

根岸丸